カーライル投資研究所について

 

carlyle投資研究所

 

カーライルグループは創業80年を超える、投資戦略のプロです。

 

私たちは、これまで数多くの顧客に、投資による価値を提供してきました。

 

現在、顧客数は延べ800000を超え、世界各地にわたってサービスを展開しております。

^

 

当研究所が目指すもの

carlyle投資研究所

 

政府が提供する年金制度や各種社会保険制度の信頼が揺らぐ中、

 

私的な投資に対する興味・関心はますます増加しています。

 

そのような情勢の中、私たちは常にお客様の利益を最大限に追求した、

 

投資スキームの確立や研究に余念がありません。

 

少しでも顧客のニーズに対応する商品を提供すべく日々努力を積み重ねています。

研究分野

 

当研究所の研究対象は幅広く、

 

債権、株、為替、コモディティー、投資信託といった、一般に広く知られた投資項目のほか、

 

ブックメーカー、アービトラージ、IPO、個人間ファイナンス、ギャンブルに至るまで、

 

幅広く収益機会を追求しております。

 

お客様のリスク許容度や、投資額に合わせ、最適な投資サービスを設計させていただきます。

ニッチ戦略の事例

 

carlyle投資研究所

 

お客様の求める収益率と、許容リスク、投資回転率といった様々なファクターを考慮し、

 

投資戦略を決定します。

 

例えば、日本に在住の田中様(仮称)の事例を紹介します。

 

 

田中様の運用に回せる金額は約1000万円、

 

2年後に3000万円を目標、リスク許容堂は最大の10、

 

投資回転率は指定なしとのことでした。

 

 

これらの条件に合致する項目は限られ、

 

ローリスクの分類される、債権、投資信託といった手段は棄却されます。

 

また、個人間融資のような利率の制限がかかる項目も、目標額に到達することが難しく、

 

同様に棄却となります。

 

 

リスクの取れる項目の中でも、裁量が大きく関わるもの、

 

短期株式投資、外国為替証拠金取引、その他ギャンブルなどがこれに該当します。

 

当研究所がヒアリングで確認したところによると、

 

田中様には株式投資やFXの運用の経験が無かったとのことなので、

 

当研究所による運用を打診しましたが、

 

自分の裁量がある程度入るものでの運用を希望するとのことでした。

 

そのため、田中様の経験されていた麻雀による投資を打診したところ、

 

了承をいただけました。

 

早速、麻雀による合法的投資のスキームを組み立て、田中様と一緒に

 

作成する段取りとなりました。

 

その際、田中様の習熟度も今回の成功の重要要素であったため、

 

技術の再確認のために「勝って稼ぐための麻雀上達方法」などのサイトや、

 

「現代麻雀技術論」といったサイトで再度勉強していただき、万全を期する運びとなりました。

 

そして、実際にプロジェクトはスタートし、1年経過した今、達成率はおよそ50%まで到達しています。

 

このように、当研究所では、お客様に決め細やかなヒアリングを行い、お客様の満足がいく投資サービスを

 

設計させていただくことをお約束します。

この記事を書いた人

 

カーライル投資研究所/Carlyle Investmental Labo

 

主任研究員 Michel-Damanson (マイケル・ダマンソン)

 

E−Mail d-michel@carlyle.com

 

主要な研究等:
Vom Labor zum Markt: Max-Planck-Innovation, die Technologietransfer-Organisation der Max-Planck-Gesellschaft
2015, Max-Planck-Innovation
Berninger, Markus
Unter dem Motto ?Connecting Science and Business“ versteht sich die Max-Planck-Innovation GmbH als Partner fur Wissenschaftler ebenso wie fur Unternehmen. Mit unserem interdisziplinaren Team beraten und unterstutzen wir die Wissenschaftler der Max-Planck-Gesellschaft (MPG) bei der Bewertung von Erfindungen, der Anmeldung von Patenten sowie bei der Grundung von Unternehmen. Damit erfullen wir eine wichtige Aufgabe: Den Transfer von Ergebnissen der Grundlagenforschung in wirtschaftlich und gesellschaftlich nutzliche Produkte.

更新履歴